自動販売機設置するときの注意点|トラブルにならない設置法

自販機

節約意識

飲料

いまや企業や学校、自宅前などに自販機は設置が出来るようになっています。その自販機を稼働させるには電気が必要になります。また一般的に設置や管理、その機械自体は専門業者が無料で行ってくれますが、ほとんどの場合電気代はその設置者の負担になります。そのため、節約を意識していくことが大事になってきます。主に電気代がかかるものとして、自販機の照明や冷却と保温などの機能です。冬場はホットと呼ばれる保温が飲み物によっては需要が高まりますが、電気代の消費を抑えたいのであれば冷却のコールドにしておくといいでしょう。また照明に関しても使用しない時間帯は消えるようにしたり、屋内なら照明をつけないようにしたりすることで、電気代を抑えることが可能になります。また設置場所としても、屋外に置くより屋内の方が電気代の節約に繋がると言われています。

自販機の設置のときには、専門業者に節約が出来る自販機にしてもらうようにしましょう。いまは電気代が節約可能な機械が多数出ています。いま人気の自販機としてピークシフト自販機というものがあります。これは9割以上電気代が節約可能となっているものです。また断熱材の導入など機械の質を向上しているものがあり、それによって節約が実現出来る場合もあります。さらにヒートポンプ式の自販機であれば、従来のものよりも大幅な節約が可能と言われているので、設置をしたいと考えたときには、専門業者にその旨も伝えてお得に導入を進めていきましょう。