自動販売機設置するときの注意点|トラブルにならない設置法

自販機

利用度を高めるポイント

周辺の清潔感を大切にしましょう

珈琲

自動販売機の設置場所については共同浴場からの出入り口、体育館施設、トレーニングマシン設置場所、飲み物の種類によってはコーヒー飲料などは朝の通勤時に通りかかる場所に自動販売機を設置すると良いです。そうすることにより、毎朝の習慣性から必ず利用していただくことが可能です。また、ホテル内などに設置されている自動販売機は外部の価格よりも高めに設定されていることもあり、宿泊客の利用も外部に設置された自動販売機に求められることも多々あります。利用客の感想としては種類が豊富なこと、また不足分の補充がいつもきちんと管理されていること、自動販売機周りが綺麗にされていることが利用度を高める条件だとも思われます。自動販売機を夜間に目立たせるために照明などをつけると、夏期シーズン中に虫が多数集まることになり、あまり印象は良くないようです。

自動販売機を設置したならばダストボックスも必ず一緒に設置するように心がけましょう。考え方によっては、近所に駐車場などがあると空き缶、ペットボトル以外の家庭ごみなども捨てられていることがあります。道路や花壇の上にそのゴミを捨てられていることを考えれば、自動販売機のダストボックスに入れておいて頂けることは地域のクリーン環境を維持していくためにも必要なことだと思われます。最近では週一回程度、ダストボックスを綺麗にするだけで周辺の綺麗、快適さを保つことが出来ております。自動販売機を自宅周辺に設置するものの義務として、必ずダストボックスを同じ場所に設置することをおすすめします。そのようにすることで地域への美化、協調性が保てると思われます。